アメリカ短期留学中、食事に苦労しました

大学生の時に4週間、アメリカのロサンゼルスに短期留学をしました。ホームステイをしながら語学学校に通いました。
春休みを利用したので、語学学校には同じような日本人学生が多く、つい日本語で喋ってしまいます。コミュニケーションのための英語力が磨かれたのは、ホームステイ先のホストファミリーのおかげだったように思います。
私のホームステイ先では、本当の家族のように接してくれて、週末の買い出しなどにも一緒に連れて行ってくれました。巨大なスーパーは当時はまだ日本で見かけることはなかったので、アメリカの力を見たように感じたものです。
ホームステイではホストファミリーのよしあしで居心地が全く違うそうなので、私はラッキーだったと思いますが、ただ一つ困ったのは食事です。アメリカの家庭の食事はお肉がメインで付け合せもシンプルです。数日おきにピザが登場し、学校でのランチもホットドッグやハンバーガー。4週間の滞在で日本食のありがたみがよくわかりました。アメリカに留学して、食事に苦労した人は多いようです。