初めて行く海外はアメリカだと決めていた

まずアメリカに興味を持ったのは、アメリカで流行っている音楽が大好きでそこからアメリカの事に対して色々知りたくなり、これは現地に行くしかないと思い旅立ちました。
すぐに行動に移してしまったので、留学先のサンフランシスコでは初めての体験やハプニングも色々ありました。

 

まず驚いた事はトイレに関してですが、下から丸見えになってしまうのでは?という位の隙間が空いていて、何だか落ち着いて出来ませんでした。
犯罪を防ぐ為なので仕方ありませんが、最初は驚きました。

 

そして現地で出会う人々の印象はというとフレンドリーの人が多く、こちらが伝えたい事を一生懸命言っていると、向こうも頑張って聞き取ろうとしてくれる人が多くとても嬉しかったです。
伝わった時にはお互いが笑顔で喜んで別れるという場面が多々あり、とても楽しんでいられました。

 

しかし怖い思いもしました。
夜に大通りから少し離れた場所で道に迷った時には、さすがにまずいと感じ急いで明るい場所に戻って行きました。
夜に出歩くのは控えた方が良いと思いました。